SABEDでは、年2回、講座を開講しています。

2022年度夏期講座は、以下の4講座を開講いたします。

・CFD講座 デザイナーコース:2022年8月25日(木)
・CFD講座 エンジニアコース(改訂版 ver2.0):2022年9月12日(月)
・CFD講座 アドバンスド換気コース(ver1.0):2022年9月22日(木)
・光環境シミュレーション講座:2022年9月29日(木)

※新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)感染拡大を受けて、
 今回も受講方法を全講座オンラインのみに変更いたしました。

全講座、9:30~17:00(途中お昼1時間など適宜休憩)。
「CFD講座 デザイナーコース」「CFD講座 エンジニアコース(改訂版 ver2.0)」「光環境シミュレーション講座」は、事前に動画での講義受講が必要で、事前動画学習+演習1日となります。
(「CFD講座 アドバンスド換気コース(ver1.0)」は演習1日のみ)

オンラインでの受講時には、
・Zoomで講義を閲覧可能な環境にあるPCまたはタブレット
・演習実施用のWindows PC、講座によって受講前にソフトのインストールなど設定が必要)
以上2点をご用意ください。
(モニターを2つお持ちの場合や、zoomと演習ソフトを切り替えながらでも機能上問題ないようでしたら1つのPCで結構です)

お申込み前にPCについて不安がある場合など、ご不明な点がございましたら、
事務局(sabedinfo@sabed.jp)までお問合せくださいませ。

前回ご都合により参加できなかった方や是非受けてみたい方、ご自身のスキルアップを図りたい方、
お申し込みをお待ちしております!

募集要項

講座名CFD講座
コース名デザイナーコースエンジニアコース(改訂版 ver2.0)
講座概要FlowDesignerを使えるようになるところに重きを置いた初心者向けのコースです。
機能を絞ることでユーザーフレンドリーを達成した気流解析ソフトFlowDesignerが使えるようになれば、高度な専門知識が無くても短時間で流れ場や温度場の解析・可視化が可能に。これにより、例えば、設計の初期段階で、形成される流れ場や温度場を踏まえたケーススタディを行えるようになります。
国土交通省が進める3D都市モデルの整備・オープンデータ化プロジェクト「PLATEAU」を活用。都市街区の建物の詳細なCADデータをFlow Designerに取り込んで街区のリアルな気流解析を実施する方法を学びます。
温熱環境、屋内環境を主な対象としたCFDを学びます。
対象者意匠設計者、設備設計者設備設計者
※講座受講に際して、CFDが初めての方もご受講いただけます。FlowDesignerをCFDソフトとして利用しますが、講習を通して使用法の詳細を学ぶので事前知識は必要ありません。コンピュータ・シミュレーションを利用した建築設備計画の検討方法についての基礎力を養うことを目標とします。※講座受講に際して、CFDが初めての方もご受講いただけます。
日時2022年8月25日(木)9:30~17:00(途中お昼1時間など適宜休憩)
※事前に動画での講義受講が必要です
2022年9月12日(月)9:30~17:00(途中お昼1時間など適宜休憩)
※事前に動画での講義受講が必要です
受講方法Zoomでのオンライン
講座テキスト「CFD講座デザイナーコーステキスト」「CFD講座エンジニアコース(改訂版 ver2.0)テキスト」
講座テキスト制作・監修東京理科大学 工学部
建築学科
倉渕 隆
東京理科大学 工学部
建築学科
倉渕 隆
東京理科大学 理工学部 建築学科
高瀬 幸造
使用ソフトウェアFlowDesigner(アドバンスドナレッジ研究所)
※受講者には、受講期間中に使用できるFlowDesignerライセンスを発行いたします
FlowDesigner(アドバンスドナレッジ研究所)、Excel(Microsoft、Windows版でVBAを使用します。VBAを使用するための設定については、事前学習動画にて説明します)
※受講者には、受講期間中に使用できるFlowDesignerライセンスを発行いたします
講師石田 泰之
(東北大学)
高瀬 幸造
(東京理科大学)
受講に必要な物・Windows PC(Windows8.1/10/11(64bit))
・Zoomを閲覧しながら操作しやすい環境を整えてご受講ください
・Windows PC(Vista以上)
・オンライン受講時には、Zoomを閲覧しながら操作しやすい環境を整えてご受講ください
受講費用受講1名・1講座あたり50,000円(税・講座テキスト費用を含む)
申込締切(講座開催10日前)2022年8月12日(金)2022年8月29日(月)
講座名CFD講座光環境シミュレーション講座
コース名アドバンスド換気コース(ver1.0)
講座概要新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の影響で関心が高まる換気について、CFDによる解析法を学ぶ講座です。

具体的には、住宅における厨房換気を対象に、空気余命SVE6を用いて効率的な排気システムを検討する手法を学びます。
また、感染症対策としての換気、空気清浄機の効果を感染確率に基づいて評価するために、まずは基礎理論をしっかり学びます。

その上で、レストランを想定した室内に感染者が居た場合の、換気システムの相違による感染リスクの違いをCFDにより把握します。

また、複雑でリアルな問題設定へも対処できるよう、ファミレスでの感染対策を例に問題設定の方法を解説します。
屋内環境を主な対象とした照明(昼光照明)シミュレーションを学びます。
対象者設備設計者意匠設計者、設備設計者
※講座受講に際して、エンジニアコース修了相当の知識をお持ちの方(換気が関連する室内環境予測の基礎について理解されており、FlowDesignerの基本的な操作に習熟していることを前提とします。)※講習受講に際して、シミュレーションソフトウェアを初めて使用される方もご受講いただけます。
日時2022年9月22日(木)9:30~17:00(途中お昼1時間など適宜休憩)
※事前に動画での講義受講が必要です
2022年9月29日(木)9:30~17:00(途中お昼1時間など適宜休憩)
※事前に動画での講義受講が必要です
受講方法Zoomでのオンライン
講座テキスト「CFD講座アドバンスド換気コース(Ver1.0)テキスト」「光環境シミュレーション講座テキスト」
講座テキスト制作・監修東京理科大学 工学部
建築学科
倉渕 隆
東京理科大学理工学部建築学科
吉澤 望
使用ソフトウェアFlowDesigner(アドバンスドナレッジ研究所)
※受講者には、受講期間中に使用できるFlowDesignerライセンスを発行いたします
3DCADソフトウェア:Rhinoceros、Grasshopper
光環境シミュレーションソフトウェア:Radiance、Ladybug、Honeybee
講師金 政一
(東京理科大学)
吉澤 望(東京理科大学)
谷口 景一朗(東京大学)
受講に必要な物・Windows PC(8.1/10/11(64bit))
・オンライン受講時には、Zoomを閲覧しながら操作しやすい環境を整えてご受講ください
・Windows PC(Vista以上)
・オンライン受講時には、Zoomを閲覧しながら操作しやすい環境を整えてご受講ください
受講費用受講1名・1講座あたり50,000円(税・講座テキスト費用を含む)
申込締切(講座開催10日前)2022年9月8日(木)2022年9月15日(木)

 

各講座内容紹介(リンク先をご覧ください)

◆「CFD講座 デザイナーコース

◆「CFD講座 エンジニアコース(改訂版 ver2.0)

◆「CFD講座 アドバンスド換気コース(ver1.0)

◆「光シミュレーション講座

 

お申込み方法

以下のお申込みフォームからお申込みください。

 

<お申込みに関しての注意>

※お申込み完了後、申込受付完了メールが届きます。届かない場合はお申し込みが完了しておりませんので、再度フォームにご入力いただくか、事務局までお問合せください。

※お申込み完了後、1週間前後でご受講代金振り込みのメールをお送りします。

※受講締め切り後・ご受講代金をご入金いただいた後のキャンセルは出来かねます。

※講座受講後、約1〜2ヶ月の期間で修了考査をご提出いただきますと、講師が採点、評価します。(必須ではございません)
習得度合いに応じ、修了証書を発行します。

SABED開講講座については、こちらをご覧ください。