Support Association for Building Environment Design

建築環境デザイナーとエンジニアのためのシミュレーション講座

  • HOME »
  • »
  • 建築環境デザイナーとエンジニアのためのシミュレーション講座

講座の目的

本講座は 、実務で光環境シミュレーションソフト及び熱負荷シミュレーションソフトを使用するデザイナーとエンジニアのための入門講座として位置づけており、基礎となる建築環境工学の知識やソフト使用時の要点を学習しながら、実際の建築環境設計にどのよう役立てていけば良いか、また解析結果の妥当性を判断するための素養を習得していくことを目的としています。

技術者研修の一環としても大いにご活用いただける内容となっておりますので、皆様ふるってのご参加をお待ちしております。

光環境コースは、昼光照明および人工照明下における基本的な照度分布・輝度分布を算出する手法を習得するためのコースです。主に、意匠設計者の方、設備設計者の方で照明シミュレーションの基礎を学んでみたいという方のためのコースであり、照明シミュレーションソフトウェアを初めて使用する方を対象としたコースです。

熱環境デザインコースは、外皮性能による建物内部の熱負荷や空調消費エネルギーへの影響の解析技術に関する基礎を習得するためのコースです。主に、意匠設計者の方、設備設計者の方で熱負荷シミュレーションの基礎を学んでみたいという方のためのコースであり、熱負荷シミュレーションソフトウェアを初めて使用する方も問題なく受講していただけるコースです。

統合デザインコースは、設計初期におけるBIM(Building Information Modeling)と連携した各種シミュレーション(熱、光、風、消費エネルギー)を習得するためのコースです。意匠設計者、設備設計者の方でBIMを学んでみたいという方のためのコースであり、講習受講に際して、BIM及び各種シミュレーションソフトウェアを初めて使用される方もご受講いただけます。


講座概要

講座名 統合デザインコース 光環境コース 熱環境デザインコース
講座概要 設計初期における、BIM(Building Information Modeling)と連携した各種シミュレーション(熱、光、風、消費エネルギー) 屋内環境を主な対象とした照明シミュレーション オフィスビルの屋内環境を主な対象とした熱負荷シミュレーション
対象者 意匠設計者、設備設計者
※講習受講に際して、BIM及び各種シミュレーションソフトウェアを初めて使用される方もご受講いただけます。
意匠設計者、設備設計者
※講座受講に際して、光環境シミュレーションの前提知識は問いません
意匠設計者、設備設計者
※講座受講に際して、熱負荷シミュレーションの前提知識は問いません
定員 30名 30名 30名
講座テキスト 「シミュレーション講座統合デザインコーステキスト」
東京大学工学部建築学科 前准教授監修
使用BIMソフトウェア:Revit
使用シミュレーションソフトウェア:Insight360、FormIt、Lighting Analysis、FlowDesign
東京理科大学 理工学部建築学科 吉澤教授監修による建築光環境コーステキスト
使用光環境シミュレーションソフトウェア:Radiance
東京大学工学部建築学科 前准教授監修による熱負荷コーステキスト
使用熱負荷シミュレーションソフトウェア:EnergyPlus
開催場所 東京大学 本郷キャンパス工学部1号館 第12号講義室
持ち物 Windows ノートPC持参(Vista以上)
※PCは必ず持参ください。貸出は行いません
Windows(Vista以上)あるいはMac (OS X以上) ノートPC持参
※PCは必ず持参ください。貸出は行いません
Windows ノートPC持参(Vista以上)
※PCは必ず持参ください。貸出は行いません
受講費用 各コース 受講1名あたり50,000円 (講座テキスト費用を含む)
受講証書および修了考査
  • 受講後、各コースとも修了考査の課題が出されます。(課題提出締切は約1カ月後)修了考査を期限までに提出すると、講師、監修の先生方により習得度を審査され、成績により修了証および審査コメントが発行されます。
  • 修了考査を提出しなかった場合でも、受講証書は発行されます。

カリキュラム

光環境コース

第一日目

1.講習の目的と概要

2.Radianceのインストール

3.Radianceの基礎(操作方法・モデル作成・照明計算)

4.光の基礎(測光量・分光特性)

第二日目

5.マテリアルの設定

6.人工照明の導入

7.昼光照明の導入

8.照度・輝度の算出

9.年間計算のデモ

熱環境デザインコース

第一日目

1.講習の目的と概要

2.EnergyPlusのインストール

3.EnergyPlusの基礎(操作方法・モデル作成・気象分析)

4.1室モデルでの解析(自然室温、空調負荷、照度分布)

第二日目

5.多室モデルでの解析(自然室温、空調負荷)

6.ペリメータの評価

7.年間熱負荷の算出

募集について

募集については、お知らせページ(http://www.sabed.jp/category/info)をご確認ください。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 建築環境設計支援協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.